体験授業を受けてみる

お子様が中学受験をしようとしているなら、塾へ通うのが絶対にオススメです。

中学受験は情報を個人の力で収集するのが難しく、また周りで中学受験をしようと考えている子どもの割合は、高校や大学の受験をする時よりも格段に少ないです。受験ではライバルや目標が近くにいてくれた方が、子どもにとってもプラスになる要素が多いので、環境の面から考えて、塾に通うのが妥当です。

塾にも個別と集団の授業形式がありますが、これは子供の性格に合わせた選択をするべきです。個別の場合は確かに効率的と言えますが、先ほども述べた通りライバルや目標といった、切磋琢磨した環境が受験では必要とされる場合が多いので、子供が学力的にどのような状況なのか、またどのような性格であるのかといったところを踏まえた上で、選択するべきでしょう。

中学受験は実施校が少なめなので、受験形式も学校によっていちいち変わります。塾であればそれらの情報は最新のものを取り扱っているでしょうから、そこも利点と言えます。

また模擬試験なども学校でやる事はあまりないので、塾でやってもらった方が、値段的にも、また受けた後のフォローも付いてくるので便利です。

中学受験は慣れないこともあり、また子どももまだ幼いため、大変な事が多いと思います。頑張ってください!